北千住で人気の高いパーソナルトレーニングジムをおすすめ5選で比較紹介します!【ダイエットにも評判のプライベートジム】

パーソナルトレーニング後の筋肉痛の早い治し方とは?

パーソナルトレーニングに限らず、さまざまなトレーニングやスポーツの後は筋肉痛が残ります。

筋肉痛とは筋肉繊維の損傷が起きて傷がついている状態です。

その傷が治ることによって筋肉は肥大し、大きくなります。

ですが筋肉痛はできれば避けて通りたいところでしょう。ここでは筋肉痛を早く治す方法をご紹介していきます。

 

疲労した筋肉は冷やして熱を取る

 

よくプロ野球のピッチャーの選手が登板後に肩を冷やしている様子がテレビで映ることが稀にあります。

筋肉は使うことで熱をもってしまうため、その熱をすぐにでも取り除き翌日に疲労を残さないようにするためです。プロの方でもやっているように自分でもトレーニング後に冷たい水に足を入れてアイシングをすることで翌日の筋肉疲労を軽減させたりすると比較的早く筋肉疲労を軽くすることに繋がります。

パーソナルトレーニングジムにはシャワーやお風呂が完備されているのでトレーニング終了時に体を洗う前、アイシングを行うこともいいかもしれません。

また、自宅に帰ってからゆっくり冷やしてあげるのもリラックスでき、より効果が高まるでしょう。

 

トレーニング終わりにストレッチで乳酸を飛ばす

 

ストレッチは少し面倒だったり、そもそも体の固い方は痛かったりするので、はぶいてしまう方がいます。

しかしストレッチには多くのメリットが存在します。まずはストレッチをして体を柔軟にすることで怪我の防止に繋がります。またストレッチを行い、体を温めることでトレーニングの効果も上がり、より一層トレーニングに身が入ることでしょう。

そしてトレーニング後のストレッチをしっかり行うことで筋肉疲労を軽くすることもできます。

使用して疲労した筋肉をストレッチで伸ばすことで筋肉に溜まった乳酸を飛ばすことができます。これで翌日にやってくる筋肉痛はかなり軽減しているはずです。そのため少し面倒くさいストレッチも翌日からの自分のために忘れずに行うことが筋肉痛を早く治す方法となります。

 

セルフマッサージで筋肉痛を軽くする

 

トレーニング後にマッサージを毎回受けるわけにはいかない場合は、自分でマッサージしてみましょう。

自分ならどこを押せば一番気持ちがいいのかわかっているはずです。それにマッサージにいけばその分お金がかかったり、そこまで行く時間や予約といいた手間が多くあります。

そういった手間をかけないことで、無料でできるといったメリットがあります。トレーニング後のマッサージをするとしないとでは翌日に来る筋肉疲労はかなり違います。

また、マッサージをする際にご自分で筋肉を押すことで何のトレーニングでどこの筋肉を使っているということがわかりトレーニングの効率が良くなります。

筋肉は意識して使うことで意識せずに使うより何倍も力を発揮します。それはトレーニングにおいても同じです。そのため体のことを勉強する意味でもセルフマッサージはメリットがあります。

 

筋肉痛は人それぞれ痛みが変わります。ですが、ここで紹介した方法は誰しもに共通する項目に当てはまっています。

筋肉痛は自分が頑張ってトレーニングをした証拠にもなりますが、残ってしまうと翌日からの私生活や仕事に少なからず影響が出てしまいます。そんな筋肉痛はしっかりとしたケアをして残さないようにしましょう。




サイト内検索